• ホーム
  • >そもそも、ケールの青汁とは?

そもそも、ケールの青汁とは?


☞ケールの青汁は、ベータカロテンの補給を絶やしません。

 細胞を酸化させてダメージを与え、老化の促進や、生活習慣病を引き起こす原因を作ったり、女性の悩みの種であるシミやソバカスを作る元凶と言われるのが活性酸素。
 その活性酸素を消去するのが抗酸化物質。ベータカロテンは、抗酸化物質の一つでビタミンAの作用の他に、活性酸素に取り入り細胞の酸化を防ぐ働きをします。


☞ケールの青汁は、ビタミンE・Cを豊富に含み、美肌効果が期待できます。
 人間の皮膚細胞は、太陽光線を浴びると、細胞膜の主成分の脂質が酸化し、細胞が破壊されて肌荒れの原因になりますが、その脂質の酸化を防ぐのがビタミンE。
 ビタミンEは、脂質に溶け込み、脂質が酸化される時に身代わりになって酸化され細胞を守ります。さらにビタミンCが、身代わりに酸化させられたビタミンEから酸素を受け取り、ビタミンEを元の状態に戻して美肌を保たせます。
 身代わりになるビタミンE、それを再生させるビタミンCは、日常的に太陽光線を浴びていると消費も増え、常にたっぷり摂る必要があります。


☞ケールの青汁は、牛乳の2倍のカルシウムを含有します。
 体内に侵入してくる病原菌、ウイルス、化学物質等を監視し、健康に悪い影響を及ぼす異物を体から排除する働きを免疫と言いますが、日常生活は免疫の働きを乱す要因(疲労、体調不良、ストレス)に事欠きません。
 免疫力が低下すると、病原菌、ウイルス、有害物質を撃退できずに感染して病気になったり、細胞や遺伝子を傷つけ、老化を早めたりします。
 逆に免疫機能が過剰に反応すると、自分自身の体を攻撃してしまうアレルギー症状を引き起こします。
 免疫力を高め、神経鎮静作用で心身をリラックスさせるには、カルシウムの摂取が有効です。


☞ケールの青汁は、食物繊維と有効成分が大腸の働きを正常化します。
 腸内環境を正常に保つには、食物繊維の働きが鍵を握ります。
 食物繊維は、胃では消化されず腸へ進み、腸壁を刺激して大腸の煽動運動を促し便通を良くします。また、同時に腸管から体内に吸収され体内で悪影響を及ぼす有害物質を吸収しながら、便として体外に排出させます。
 大掃除が済んだ大腸壁からは、ビタミンやミネラルといった栄養が、吸収され易くなります。


☞ケールの青汁は、葉緑素そのものです。
 葉緑素(クロロフィル)は、酸素の運搬役である赤血球の中の血色素(ヘモグロビン)と構造が似ていて、葉緑素の成分の一つ(有機ゲルマニウム)は、体内に入ると酸素を全身に送る働きをします。
 綺麗な血液が全身に行き渡るようになると、貧血の改善や胃腸等の臓器の働きが活発化され、夫々の臓器の役目が全うされるようになります。


☞ケールの青汁は、飲む目薬と言っても過言ではありません。
 目の生活習慣病と言われる白内障、緑内障、黄斑変性症は、紫外線等から生じた活性酸素が目の細胞を傷つける為に起こると考えられています。
 私達の目には、活性酸素の害を打ち消すルテインとゼアキサンチンが備わっていますが、年齢とともにルテインを吸収したり代謝する能力が劣って来て不足状態になり、目の病気を引き起こす主な原因になっています。
 ケールは、緑黄色野菜の中で最高のルテイン含有量を誇り、多く含むとされるホウレン草の2倍強に達します。




カートの中身

カートに商品は入っていません